アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
失業手当がもらえない人たちの救済
ブログ紹介
不景気が続き生活がいろいろな面で大変になりました。一家の大黒柱なのに会社を首になったり派遣切にあい生活が不安定になったり雇用保険が受給できない人達がたくさんいます。そんな人たちを救済する給付金を生活費と活用する方法。
zoom RSS

基金訓練のスキルアップで月12万円もうらう方法!

2010/05/09 13:37
画像失業中で求職中だけど
スキルアップしたい。
でも失業手当の
給付期間も終わり生活費が‥。

そんな方のための
生活支援給付金制度をご存知でしょうか?

対象となる基金訓練の訓練期間中
支給条件を満たせば
返済不要で月に10万〜12万円の
生活支援給付金を受給することができます。

・再就職に必要なITスキルなどの
   基礎的な能力を取得する3か月の訓練。
・医療・介護・福祉・IT分野などで
   求められる基本能力から
   実践能力までを習得する6か月〜1年の訓練。

どのような基金訓練のコースがあるのかは
ハローワークの窓口を訪れてみるか
中央職業能力開発協会の
ホームページで確認してみてくださいね。

中央職業能力開発協会

受講したい訓練コースがあれば
ハローワークに相談のうえ
受講申込書を受け取る事になります。
その後に申込書を訓練施設に送付して
面接などの選考を受けて合格する必要が有ります。
詳細については
ハローワークに相談の際にご確認ください。

みなさんもスキルアップを目指して賢く制度を活用しましょう。
記事へトラックバック / コメント


公共職業訓練について(月12万円もうらう方法)

2010/05/04 22:50
画像失業手当を
受給されている
方の中には
公共職業訓練を
受けていらる方も
おられると思います。

その場合は 失業手当の他に
公共職業訓練に対する給付金も
同時に受け取っているはずです。

しかし公共職業訓練期間中に
失業手当の給付が終了してしまった場合に
訓練に対する給付金は
生活費としては少額であるため
生活に不安を抱えながら
訓練を受け続けている方も
おられるのではないでしょうか?

そんな公共職業訓練の期間中に
失業手当の給付が
終了してしまった方への支援策です。

現在「訓練・生活支援給付金」の
制度が実施されています。
これは雇用保険を受給できない方への
「基金訓練」の受講者と同時に
公共職業訓練の受講者で
失業手当の期間が終了して
雇用保険を受給できない方も
対象になっています。

返済不要で
月額10万円〜12万円の
給付金が支給されます。
支給対象の条件などの詳細は
ハローワークや地元自治体に
社会福祉協議会などの窓口やホームページ。
手続きの窓口である
ハローワークの窓口を
訪れてみるのが早道でしょうか。

公共職業訓練期間中で
失業手当の受給が
終了してしまった方だけでなく
受給中の方も給付終了前に確認しておきましょう。
記事へトラックバック / コメント


訓練で生活支援給付金を受け取る方法

2010/05/02 18:47
画像不景気で求人も少なく
再就職の道も厳しい今のご時勢。

ハローワークや各自治体などで
求職中の方に向けた
「緊急人材育成事業」など
手当てや給付金の支援が用意されています。

まだ雇用保険を受給している方には
「公共職業訓練」があります。
運営しているのは
ハローワークと各自治体の2種類。
どちらを受給するにしても
窓口はハローワークですのでお間違いなく。
訓練施設に通いながら
実践的な知識や技能を学びます。
教材代などの自己負担が生じますが
失業手当を受給しながらも
訓練施設に通っている間は手当てが支給されます。

雇用保険が受給できない受給期間が
終了してしまった方には「緊急人材育成支援事業」。
緊急人材育成・就職支援基金による事業で
通称「基金訓練」・・・
こちらではハローワークの斡旋により
雇用保険の受給ができない状況での基金訓練
公共職業訓練中に失業手当が終了した方など
職業訓練を受講している期間の生活費の支援です。
支給条件などを満たしていれば
返済不要で月10万円程度の金額が支給されます。

詳しい事は、次回で・・・
記事へトラックバック / コメント


生活保護について・・・生活保護を受ける方法

2010/04/27 08:36
画像不景気が続く中で働きたくても働けない。
そんな方が増えているのは事実です。
なかには体調を崩してなどで求職もできず
収入が途絶えてしまって困っておられる方もいる思います。

その場合は生活保護を受給するという方法があります。
ただ最近のニュースなどでは
生活保護が受けにくいなどの情報も見聞きします。
そこで生活保護を受給するためについてです。

最初に適用条件ですが
生活保護は世帯を単位として適用されます。
世帯全体の収入を合計して
国が定める最低生活費を上回るときは適用されません。
借金の返済で生活ができない場合や
収入がある者が生活資金を家庭に
入れないといったケースでは保護は認められません。
その場合は別の自己破産など
生活保護以外での解決を図っていく事になります。

次に補足性の原理についてです。
できる事は全てやった上で
それでも生活が成り立たない限りは
適用されないという事です。
病気など特別な理由がない限り
収入を得る努力は最低限していなければなりません。
また資産のある方は資産の処分。
援助できる家族がいるかどうか。
失業保険や児童手当など
生活保護以外の制度が利用できないかなどがあります。

生活保護を受けようと考えている方は
窓口に行く前にこのような条件について
自分が生活保護の対象者となりうるか事前に確認しておき
窓口に言った際に対応できるようにしておきましょう。
記事へトラックバック / コメント


雇用保険を受けられない人への救済について

2010/04/25 23:33
画像不景気が続き失業者もなかなか減らない状況の中
求人も厳しく再就職もままならないなんて方もおられると思います。

そんな時に頼りにするのが雇用保険なのです。
しかし様々な理由で雇用保険が受けられない
給付が終わってしまったなど

再就職までの生活費の工面に悩むところです。
特に世帯の収入を支えていた方が
失業されてしまった場合はその影響は大きいですよね。

そこでお困りの方に
雇用保険の一般求職者給付を
受給されていない方への

「離職者支援資金」をご存知ですか?

求職活動中で雇用保険の一般求職者給付を
受給されていない方への生活資金の貸付制度です。
受付窓口になるのは
お住まいの地域の社会福祉協議会。
制度や貸し付け条件などの詳細な内容については
地元の社会福祉協議会の窓口にお聞きください。

※参考:世帯月額20万円(単身世帯10万円)/最長12ヵ月/利率年3%

その他にも支援制度がありますので
離職中/休職中でお困りの方は

地元の社会福祉協議会を訪れてみてはいかかですか?
こんな時だからこそ賢く利用しましょう。
記事へトラックバック / コメント


月別リンク

失業手当がもらえない人たちの救済/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる